薬剤師 転職 年収アップ 

薬剤師が簡単に年収をアップする方法を解説します

薬剤師は給料が高いというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、決してそんなことはありません。
 
年収で300から400という方がザラにおられます。平均が500と言われてますから…
 
 
 
 
ですが、かたや年収800以上という方もおられるのが現実です。
 
ではなぜこのような年収の開きがあるのでしょうか?
 
同じ働くのであれば高い給与に越したことはありません。
 
 
 
薬局に働く薬剤師であれば、どなたでも給料をアップできる方法があります。

 
その方法といえば、
 
 
 
 
 
 
「都会から遠く離れたド田舎(僻地)で働くことです」
 
 
 

 
 
 

………
 
 
 
薬剤師は都市部に行けばいくほど何故か給料が低くなっていくのが現状です。
 
 
 
それに対して、田舎の薬局に就職するとびっくりするほどの給料が貰えます。
 
 
 
私は実際に沖縄県の離島で8年近く住んだ経験があるのですが、
 
その地域では新卒の薬剤師であっても初任給は最低年収500万以上が当たり前の様に支払われておりました。
 

しかも、家賃、水道・光熱費なども全て負担してもらえましたので実質は年収600万以上になります。
 
本当に田舎だったので娯楽もほとんどなく給料はまるまる貯金しました。
 
沖縄暮らしに憧れて8年おりましたが流石に限界でしたね。やっぱりある程度息抜きも必要ですから。正直な話、若い方にはあまり向きません。
 
話が逸れましたが、
 
私の様な新卒薬剤師であっても、「薬剤師の資格を持っている」というだけでこれだけの給料をいただけました。
 
 
 
ですから、年収アップをしたいという方はこれから紹介するサービスに登録してみることをおすすめします。
 
何種類かサービスがありますのでとりあえず全てに登録しておいて自分の気に入った薬局があればピックアップして
 

最終的に絞り込んで決めていただきたいと思います。
 
 
若い方にはあまりお勧めできませんが、夫婦で田舎に住んでもいいという薬剤師さんの方がおられましたら是非この機会に御検討していただければと思います。
 
人がいないからこそ、それだけの給料を出してでも薬剤師を採用したいと思うのが地方の薬局の考えかたです。
 
本来ならば会社に対して大きな利益をもたらす事のできる人材でなければ給料は上がりません。
 
それは豊富な経験などから得たノウハウや知識から、
来店するお客様の信頼を勝ち取り、「この薬剤師さんなら安心して相談できる」と言われるようになれば自然とお客さんも増えるし、
業績もアップするわけですから自然と給料もアップするわけです。
 
当たり前の話ですが、「薬剤師の経験がある」という単純な理由だけで、年収アップをしてもらえるとは思っていませんよね。
 
 

 
「薬剤師免許を持っている・経験がある」だけでは通用しません。
 
先程も言いましたが、あなたが会社に対してどれだけ利益を出せる人材かが重要なポイントになってきます。
 
暇な時にはあちこちの施設に赴いて営業をするとか、1件でも多くの処方箋を獲得できたとか…
 
 
 
 
このように、会社に対して売上や利益に少しでも貢献できなければ普通に考えれば年収アップは無理でしょう。
 
 
 
あなたが上記のように利益を出せる人材であるなら、「是非採用したい!」と思う会社はいくらでもありますので、給料も当然アップします。
 

 
 
しかし、あなたがこのようなスキルや成果が出せない人材であったとしても、田舎の薬局であれば薬剤師の数が全然足りていないため、たとえ経験の全くない新卒薬剤師であっても高い給料が支払われます。
 
 
ですが、会社に対してなんの利益も出してないような人が、「年収アップしたい」と思うことだけは止めていただきたいのです。
 
 
 
 
ただし、薬剤師の強みは「免許さえもっていれば、いくらでも転職が可能である」という点にあります。
 
今の職場にもしも不満があるのであれば、より自分の希望が叶う場所に転職するのも一つの選択肢となります。
その場合必ずしも年収アップではなく、「給料が下がっても良い」と思えることも重要な点になってきます。